top of page

溶連菌流行中でも安心!エヴァウォーターで予防しよう。

最近、溶連菌感染症が広まっており、お客様より「エヴァウォーターの有効性についての相談」が寄せられました。この件について皆様と情報共有いたします。 〇流行中の溶連菌は合併症に注意・・・(Yhoo!JAPANニュース) 〇致死率3割の劇症型溶連菌、過去最多(日本経済新聞) 〇子ども感染「溶連菌感染症」の一種の患者数年明け 高水準(NHK) <溶連菌はエヴァウォーターで対策が可能です> 溶連菌は感染力が強い菌でありますが、除菌剤に対して強い抵抗性を持たない細菌です。エヴァウォーターを使うことで対策ができます。 溶連菌感染症は重篤な病状を引き起こす可能性があります。日常生活の中で清潔を保ち、身の回りの除菌を行うことで、溶連菌感染症の予防につながります。 皆様の健康と安全のため、エヴァウォーターで感染予防対策を心がけてください。 <溶連菌についてとエヴァウォーターでの対策方法>  溶連菌 は非常に感染力が高く、子どもだけでなく大人でも感染します。感染源や感染経路を知ることで早めに対処したいところです。 感染源と感染経路 : 溶連菌の感染源で一番多いのは、既に感染している人の咳やくしゃみによる「飛沫感染」です。つばやよだれにも菌が含まれますので、特に子どもが保育園や幼稚園で感染しやすいようです。 溶連菌は食品に付着して増殖することがあります。感染者のくしゃみなどが何かの拍子に食品に入ってしまい、それを一緒に食べてしまうと感染することもあるようです。 溶連菌が原因でとびひなどの皮膚症状が悪化した場合は、その患部に触れることから接触感染する危険もあります。
感染しやすいタイミング : 溶連菌に感染すると38度程度の高熱が出る場合が多く、発熱しているタイミングが一番感染力が強いため、看病する家族は感染しないように注意が必要です。 予防接種はないため、「マスクの着用」や「手洗いうがい」、「食器やタオルを共有しない」「除菌をする」などの方法で電線を防ぐことが重要です。自分自身の免疫力を上げげておくことも大切です。 除菌の仕方と注意点 :  使用濃度 スプレーで使用する場合 (約100mg/L)、空間噴霧で使用する場合(約50mg/L) 溶連菌は、多くの除菌剤に対して強い抵抗性を持たない細菌です。エヴァウォーターを使用することで、徹底的に除菌することができます。 飛沫感染のリスクが特に高いため、人が多く触れる場所のモノやドアノブなどをスプレータイプで除菌してください。 トイレや共有スペースなど、感染リスクの高い場所を定期的に除菌してください。(スプレータイプ・空間噴霧)
保育園及び幼稚園では、特におもちゃや遊具などの除菌を行ってください。 飛沫感染は、感染源が拡散し、様々な物に付着するリスクが高いため、空間噴霧で全体的に除菌を行うことをお勧めします。 家族が感染した場合、空間噴霧を徹底して行い看病をおこなうことで感染リスクが低下します。
お客様には、日頃の健康管理とエヴァウォーターでの感染予防対策をしっかり行っていただけるよう、積極的に広めてください。宜しくお願い致します。

溶連菌流行中でも安心!エヴァウォーターで予防しよう。
bottom of page